◆ナ・リーグ地区シリーズ ▽ナショナルズ4―10ドジャース(6日・ワシントン、ナショナルズ・パーク)

 ドジャースの前田健太投手(31)は6日(日本時間7日)、ナショナルズとの地区シリーズ第3戦に、4点リードの8回途中から5番手として登板。打者2人を抑えて10―4の勝利に貢献。チームは4年連続リーグ優勝決定シリーズ進出に王手をかけた。

 初回、ソトの2ラン本塁打で先制を許したドジャースだったが、5回にマンシーの2号ソロで反撃開始。6回には代わった2番手左腕コービンを攻略。2アウト一、三塁からマーティンの左中間二塁打で逆転、なおも一、二塁から代打ヘルナンデスが左越えに2点二塁打。一、二塁で3番手スエロから今度はターナーが左越え3ランを放って大量7点を挙げた。

 ナショナルズはその裏2点を返すのが精一杯。前田は8回1死無走者でマウンドに上がりケンドリックを右飛、ゴームスを一邪飛に仕留めた。ドジャースは今季防御率メジャートップだった柳賢振が2回以降立ち直ったのが大きかった。

 第4戦ナショナルズは第2戦にリリーフしたエースのシャーザー、ドジャースは左腕ヒルが先発する。