◆ウインアステロイド(10月5日、東京2R・2歳未勝利戦、芝1800メートル=4着)

 デビュー3戦目で安定したレースぶりが板に付いてきた。スタートを決めると、押し出されるような形でハナへ。道中は淡々とペースを刻み、直線もしぶとく粘って0秒6差の4着だった。

 内田博幸騎手は「センスがいい。(切れる)脚は使えないけど、まだ体に余裕があって、もうちょっと力をつけてきたらいい。すぐにチャンスは来ると思う」と手応えを口にした。新馬戦こそ見せ場なく15着に大敗したが、前走も好スタートを切って4着に粘り、変わり身を見せていた。次走は、さらに上位への前進を期待したい。

(坂本 達洋)