「セCSファーストS・第2戦、DeNA6-4阪神」(6日、横浜スタジアム)

 反撃開始の合図だった。一発勝負の短期決戦で、阪神の北條がまたしても流れを変えた。この日も勝負どころでの一打が光り、2安打1打点。ファーストSで7打数4安打、6打点のラッキーボーイが、横浜で輝きを放った。

 DeNA先発・浜口が立ちはだかり、四回までわずか1安打に抑え込まれた。その突破口を切り開いたのが、北條だ。五回2死一塁で迎えた第3打席、「なんとか流れを変えたかった」。5球目を振り抜くと、強い思いが乗った白球は三塁線を破った。

 一走・上本が一気に生還。左翼線適時二塁打で反撃の姿勢を示すと、七回には左前打。直後に代走を送られたが、その存在感はいまや欠かせないものになっている。

 仲間を思い、北條は強くなった。5日のCS第1戦では乱打戦の末、6点差をひっくり返すミラクル勝利。5打点を挙げ、北條はその立役者となった。五回の守備中には、失点を喫した島本の元へ真っ先に向かった。左肩に手を置きマウンドで声をかけた。チーム全体で支え合う姿勢が、結束力を高めてきた。

 横浜での“奇跡”は持ち越しとなったが、CS男は静かに熱い言葉を紡いだ。「集中力を持って、狙い球を頭に入れて、一打席も無駄にはしないようにしたい」。支え合ってきた仲間と共に、大きな関門を乗り越える。