「セCSファーストS・第2戦、DeNA6-4阪神」(6日、横浜スタジアム)

 九回は岩崎続投ではなく、同点でも藤川を投入すべきではなかっただろうか。DeNA側はすでに山崎が八、九回と投げており、延長戦に持ち込めば阪神の勝機は広がったはず。もちろん岩崎がもう1イニング抑えれば大きかったが、短期決戦ということを考えれば、どんどんリリーフを投入していくことを考えてもいい。

 攻撃面では福留の同点弾など驚異的な粘りを見せたものの、苦戦となった一因は初回の攻撃にポイントがあったように思う。初回は先頭の近本が二塁打で出塁して、続く北條の犠打で1死三塁としたが無得点に終わった。ここで前日に大逆転した勢いが弱まってしまったようにも見えた。

 DeNA・浜口の立ち上がりは不安定だった。いきなり得点圏に走者を背負い、打席に前日5打点の北條。ここは犠打ではなくヒッティングの方が相手を揺さぶることができただろう。短期決戦は勢いが大切。特に好調な選手の勢いがカギを握るだけに、打たせていれば結果は違っていたかもしれない。