◆仙台六大学野球秋季リーグ ▽2回戦 仙台大8-4東北福祉大=タイブレーク延長10回=(6日・東北福祉大野球場)

 仙台大が東北福祉大とのタイブレークの熱戦を8―4で制して1勝1敗とし、4季ぶり7度目の優勝に逆王手をかけた。9回に追いつかれたが、3番・川村友斗中堅手(2年)=北海出=が延長10回に決勝の右越え満塁弾。第1戦の雪辱を果たした。7日の第3戦で勝ったチームがリーグ優勝となる。

 左手を突き上げ、笑顔で戻ってきた仙台大・川村に向かって、ベンチや応援席は大騒ぎだ。タイブレーク方式の延長10回、1死満塁から真ん中高めの直球をたたいて決勝の右越え満塁弾に、川村は「ストレート1本だけ狙っていた。いい感じで打てました」と笑顔で振り返った。

 嫌な流れを断ち切った一発だった。先発左腕の長久保洸成投手(1年)=弘前学院聖愛出=が8回まで1失点の力投も、9回に同点3ランを浴びて降板。嫌な流れの中で迎えたタイブレークで好機を生かし、川村は「1年生投手が頑張っていたから打ってあげたいと思っていた」と胸を張った。5日の第1戦は9回裏に追いつきながら、延長10回に満塁弾を浴びて敗戦。同じことをやり返した形だ。

 川村の打順を第1戦の5番から3番に上げたことが奏功した森本吉謙監督(45)だが、「打順うんぬんより、打った本人(の頑張り)でしょう」と活躍をたたえた。福祉大から4季ぶりに勝利してこれで1勝1敗となり、優勝へ逆王手。勝負の第3戦へ、指揮官は「勝たないと意味がない」と再度気を引き締めた。選手たちも同じ気持ちだ。

 この日2安打で、打率5割の首位打者を守った川村だが「チームが勝つことが一番。(タイトルは)勝った結果としてついてくればいい」ときっぱり。川村がチャンスで安打を重ね、そのバットで4季ぶり7度目の優勝をチームに運んでくる。(有吉 広紀)