フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズと第6戦、NHK杯(11月22~24日・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ)の記者会見が6日、都内で行われた。NHK杯にエントリーした羽生結弦(24)=ANA=はVTRで「自分が優勝できた思い出の地。その思い出をまた塗り替えて喜びを上書きできるように頑張ります」と語った。

 同会場で行われた16年大会はSP、フリーで1位の完全優勝を飾り、男女通じ史上初のGPファイナル4連覇へ弾みをつけた。3年ぶりの真駒内での舞いへ「その時の自分のベストの演技ができるよう、一つ一つ積み重ねていきたい」とイメージをふくらませた。

 今季のテーマには「道のりを感じながら…」を掲げた。「完成形を目指すにあたって、一つ一つの道っていうのが大切」。男女を通じ初の5度目の優勝が懸かるファイナルへ、第2戦のスケートカナダ(25~27日)からスタートダッシュを決める。(高木 恵)