プロ野球で歴代最多の400勝を達成し、ロッテで監督も務めた金田正一(かねだ・まさいち)さんが6日午前4時38分、急性胆管炎による敗血症のため都内の病院で死去した。86歳だった。左腕で長身から投げ下ろす速球と大きなカーブを武器に国鉄(現ヤクルト)、巨人でプレー。野球評論家、タレントとしても活躍し、多くの球界関係者から親しまれた。通夜・告別式は近親者のみで執り行う。喪主は長男・賢一(けんいち)氏。後日「お別れの会」を行う予定。

 カネやんは野球界だけでなく、芸能界にも交友関係は広かった。特に、スポーツ報知で掲載した俳優・石原裕次郎さん、歌手の美空ひばりさんや女優・吉永小百合らとの仲むつまじいツーショット写真は話題を呼んだ。