選手やスタッフへのパワーハラスメントを繰り返していたとして、サッカー・Jリーグから公式戦5試合の出場資格停止の処分を受けたJ1湘南ベルマーレの曺貴裁(チョウキジェ)監督(50)について、クラブが処分をせず現場復帰(監督続投)させる方針であることが6日わかった。あとは本人の意向次第となる。湘南の真壁潔会長が朝日新聞社の取材に答えた。

 真壁会長は「我々が独自に解任などの処分をすることはない」と明言し、既に親会社などからも了解を得ていると明かした。8月中旬に問題が発覚し、同監督が指導を自粛して5試合を経過しているため復帰は可能だが、同監督は4日の記者会見で「こうしたいと言える立場でない」と態度を保留している。

 パワハラを受けた選手らがいるチームに監督を戻すことになるが、真壁会長は「処分が出る前に、ミーティングや個別の面談で、処分についてのクラブの考えを示している」と話し、問題はないとの認識を示している。