「凱旋門賞・仏G1」(6日、パリロンシャン)

 地元のヴァルトガイスト(牡5歳、仏国)が直線力強く伸びて1着。史上初の3連覇が懸かったエネイブル(牝5歳、英国)は2着に終わった。日本勢はキセキ(牡5歳、栗東・角居)の7着が最高で、ブラストワンピース(牡4歳、美浦・大竹)、フィエールマン(牡4歳、美浦・手塚)は馬群に沈んだ。

 1969年のスピードシンボリの日本調教馬初挑戦から50年。今年の日本馬3頭も、分厚い壁に跳ね返される結果となってしまった。

 それぞれが大きな勝算を持って臨んだ一戦だった。前哨戦のフォワ賞こそ4頭立ての3着に終わったキセキだが、シャンティイで立て直して気配万全。担当の清山助手は「キセキを起こす準備はできました」と話していたが、これといった見せ場をつくれず7着。日本馬最先着とはいえ、あまりにもふがいない内容だった。スミヨンは「非常に難しい馬場だった。最初のスピードは良かったが、そこでスピードを出し過ぎたかもしれない。とにかくキセキにとっていい馬場ではなかった」と肩を落とした。

 英国ニューマーケットで調教したフィエールマンは12着、ブラストワンピースは11着。フィエールマンは好位で進めたものの、フォルスストレート(偽りの直線)を抜けるともはや力なく、ズルズルと後退。ブラストワンピースも中団馬群の外めで手応えが怪しくなり、そのまま万事休すだった。英国調整から仏国に渡るという、新たな試みで世界の頂を獲る-。果敢な挑戦だったものの、それが実ることはなかった。

 勝ったのはブドー騎乗の地元馬ヴァルトガイスト。3連覇が懸かるエネイブルを外から力強く差し、昨年4着の雪辱を果たした。フォワ賞からの連勝で、“手堅いが善戦止まり”というイメージを覆したと言っていいだろう。

 日本馬は年々レベルアップしている-。そう評価される一方で、逆に近年、どんどん遠のいていくかのように思える欧州最高峰の一戦。日本競馬界の悲願達成はまた、翌年に持ち越された。