「セCSファーストS・第2戦、DeNA6-4阪神」(6日、横浜スタジアム)

 DeNAの守護神・山崎が1点リードの八回から登板したが、イニングをまたいだ九回2死、福留に一時同点のソロを浴びた。

 「あの1球だけ失投。僕自身の反省点」と語った右腕。直後に乙坂がサヨナラ2ランを放って劇的な勝利を収めたことで「感謝の気持ちしかない」と安どの表情を浮かべた。