プロ野球で唯一の400勝を達成するなど史上最高の左腕投手と呼ばれ、ロッテで監督も務めた金田正一(かねだ・まさいち)さんが6日午前4時38分、急性胆管炎による敗血症のため東京都内の病院で死去した。86歳。愛知県出身。デイリースポーツ評論家の小山正明氏が大投手の死去を悼んだ。

  ◇  ◇

 えっ…、鉄人・カネやんも“時”が来たんかなあ。しばらく会ってなかったんやけど、つい最近「カネやん、どうしてるんかなあ?」って思ったところなんですよ。私より年長ではあるんだけど、ちょっと、言葉に詰まるよね。残念やなあ。

 カネやんの国鉄時代、何回も対戦したんだけど、まさにすごいピッチャーだった。駆け出しで、阪神でようやく一本立ちしようかという頃、カネやんはもう、日本の大エース。敵に回したら「ちょっと勝てるかな?」と思わされる、数少ない相手やったよ。

 ゴルフも一緒によくやったなあ。野球に限らず、とにかく負けん気の強さ、人並み以上の勝負への執念は、際立ってたよ。

 今、12球団どの球場も大勢のファンが来てくれてるけど、藤村富美男さん、川上(哲治)さん、大下(弘)さんたちが作った伝統を、カネやんが後を継ぎ、さらに続く人がいて、今の隆盛があるんじゃないかな。

 そういう意味でも第一人者だったから、プロ野球ファン皆で、悼むべき人やと思う。カネやん…、ついに逝ったか。心からご冥福をお祈り致します。