競馬の凱旋門賞・仏G1は10月6日、フランスのパリロンシャン競馬場の芝2400メートルで行われ、ヴァルトガイスト(牡5、P.ブドー)が、3連覇を狙ったエネイブル(牝5歳、L.デットーリ)を差し切り初制覇。エネイブルは2着。3着はソットサス(牡3、C.デムーロ)。

 日本勢はキセキ(牡5、C.スミヨン)の7着が再先着。今年も日本競馬界の悲願となる凱旋門賞制覇はならなかった。

 全着順は以下の通り。

1着 2番ヴァルトガイスト(牡5、P.ブドー)

2着 8番エネイブル(牝5、L.デットーリ)

3着 12番ソットサス(牡3、C.デムーロ)

4着 10番ジャパン(牡3、R.ムーア)

5着 9番マジカル(牝4、D.オブライエン)

6着 11番ソフトライト(牡3、武 豊)

7着 4番キセキ(牡5、C.スミヨン)

8着 7番ナガノゴ-ルド(牡5、M.バルザローナ)

9着 1番フレンチキング(牡4、O.ペリエ)

10着 3番ガイヤース(牡4、W.ビュイック)

11着 5番ブラストワンピース(牡4、川田 将雅)

12着 6番フィエールマン(牡4、C.ルメール)