◆第98回凱旋門賞・仏G1(10月6日、パリロンシャン競馬場・芝2400メートル)

 競馬の凱旋門賞・仏G1は10月6日、フランスのパリロンシャン競馬場の芝2400メートルで行われ、ヴァルトガイスト(牡5歳、仏国・ファーブル厩舎、父ガリレオ)が最後の直線で差し切り、優勝した。ピエール・シャルル・ブドー騎手は初制覇。管理するファーブル調教師は最多勝記録を更新する8勝目となった。

 17、18年に続く史上初の3連覇を狙ったエネイブル(牝5歳、英国・ゴスデン厩舎、父ナサニエル)は道中好位で進め、直線で抜け出したが、2着に敗れた。

 日本からはキセキ(牡5歳、栗東・角居勝彦厩舎、父ルーラーシップ)、フィエールマン(牡4歳、美浦・手塚貴久厩舎、父ディープインパクト)、ブラストワンピース(牡4歳、美浦・大竹正博厩舎、父ハービンジャー)が参戦したが、今年も日本競馬界の悲願となる凱旋門賞制覇はならなかった。