フランス遠征中の武豊騎手(50)=栗東・フリー=は10月6日、凱旋門賞デーのパリロンシャン競馬場のオープニングレースとなったマルセルブーサック賞・G1(芝1600メートル、2歳牝馬限定)に、日本の社台ファーム生産のディープインパクト産駒、サヴァラン(仏国・ファーブル厩舎)で挑み、9頭立ての7着に終わった。勝ったのは、アルビグナ(シェーン・フォーリー騎手)だった。

 武豊騎手(サヴァラン=7着)「馬場が難しかったのかな。レース自体はうまくいっていたけど、直線で動けなくなってしまった。調教師は敗因を馬場状態と前走からの間隔が2週間しかなかったからかな、と言っていました」