「セCSファーストS・第2戦、DeNA6-4阪神」(6日、横浜スタジアム)

 DeNAがサヨナラ勝ち。1勝1敗のタイに持ち込み、逆王手をかけた。

 4-4の九回、1死一塁。代打・乙坂が右翼席へ劇的な一発を運び、試合を決めた。

 打った瞬間、ベンチで両手を突き上げたラミレス監督も大興奮。「本当にすごい勝ち方ができた。阪神が7連勝しているので勝つのは難しいが、こうやった勝ち方ができてよかった」と、満面の笑みを浮かべた。

 前日は6点差を大逆転負け。そしてこの日も3点リードを追いつかれ、再び勝ち越しても九回2死、福留に同点ソロを浴びた。嫌な流れだったが、指揮官は「うちがリードしても阪神もあきらめることなく常に追いついた。最後は我々が突き放したが、チーム一丸の勝利だと思う」と振り返った。

 初のCS本拠地開催に盛り上がるDeNAファンも、劇的勝利に大歓声。崖っぷちに立たされた状況での執念の勝利を喜んだ。