「秋季高校野球高知大会・準々決勝、高知中央10-0高知」(6日、高知東部球場)

 高知は六回コールドで高知中央に敗れ、来春センバツ出場が絶望的となった。

 最速148キロの1年生右腕・森木大智投手は、「3番・一塁」で先発出場。10点差をつけられた六回2死二、三塁から2番手でマウンドに上がり、打者1人を空振り三振に打ち取った。4球を投げ、最速は144キロ。打席では初回に左前打を放ち、3打数1安打だった。

 森木は夏の高知大会後、疲労回復のため約1カ月間ノースロー調整。9月下旬に投球練習を再開し、この日が今大会初登板だった。試合後、浜口佳久監督は「完敗。劣勢をはね返す力がなかった」と話し、森木は「自分たちの甘さが出た。自分も変わらないといけない。チームのために動ける選手になりたい」と成長を誓った。