10月6日、ヤフオクドームで行われた福岡ソフトバンクと楽天の「パーソル CS パ」ファーストステージ第2戦は、6対4で福岡ソフトバンクが勝利し、対戦成績を1勝1敗のタイに戻した。

 試合は福岡ソフトバンク・バンデンハーク投手、楽天・美馬学投手の両先発で始まった。楽天は試合開始直後の1回表に、1死1,3塁からブラッシュ選手の内野ゴロの間に1点を先制。しかし、福岡ソフトバンクも直後の1回裏に柳田悠岐選手が「打った瞬間、詰まっていたので入るとは思わなかったけど、入ってくれて良かったです」と振り返ったソロを放ち、すぐさま同点へと追いつく。

 3回表、楽天は第1戦でも3安打2本塁打3打点と大活躍を見せていた浅村栄斗選手が、逆方向のテラス席にポストシーズン3本目となるソロ本塁打を放って勝ち越しに成功。だが、福岡ソフトバンクは3回裏に柳田選手が適時二塁打を放って同点に追いつくと、続くデスパイネ選手が「前のギータが同点にしてすぐだったので、良い流れに乗れたよ」と豪快な2ランを叩き込み、4対2と一気に試合をひっくり返す。

 逆転を許した楽天は4回表に1死満塁の大チャンスを作ると、ここで打席には目下絶好調の浅村選手。頼れる3番打者は期待に応えて二塁手の頭上を越す2点適時打を放ち、再び試合は同点に。バンデンハーク投手をノックアウトした楽天はなおも2死満塁と好機を継続するが、藤田一也選手がサードライナーに倒れて勝ち越しには至らなかった。

 追いつかれた福岡ソフトバンクは4回裏、先頭の福田秀平選手が「甘く入って来た球をしっかり仕留められました」と、ソロ本塁打を放って再度勝ち越し。5回裏にはデスパイネ選手が「コンパクトに打ちにいけた」という適時打を記録してリードを2点に広げると、4回途中から登板したリリーフ陣が楽天打線を無失点に抑えていき、反撃の糸口を与えない。

 6回以降は楽天の救援陣も踏ん張りを見せて得点を許さず、2点差のまま試合は9回へ。なんとか同点に追いつきたい楽天打線は福岡ソフトバンクの守護神・森唯斗投手から先頭の茂木栄五郎選手が安打で出塁するが、後続が3者連続三振に倒れて万事休す。試合は6対4で福岡ソフトバンクが勝利している。

 福岡ソフトバンクは先発のバンデンハーク投手が「コントロールに苦しんで、ボール先行の投球になってしまった」と振り返った通り、3回2/3を6安打5四球4失点と苦しいピッチングに。しかし、3番手の石川柊太投手が2イニングを無失点に抑えるなど救援陣が好投し、5人の投手が無失点と盤石のリレーを見せた。打線では、柳田選手とデスパイネ選手がともに本塁打を含む3安打と活躍を見せ、チームを勝利に導いている。

 敗れた楽天は先発の美馬学投手が3本の本塁打を浴びて4回5失点と、先発としての役目を果たせず。「調子は悪くなかったです。少し考え過ぎて、守りに入ってしまいました。申し訳ないです」と悔しさをにじませた。打線は浅村選手の活躍もあって序盤は優位に試合を進めたが、6回以降はわずか1安打と、相手のリリーフ陣を捉えきれなかった。 文・望月遼太