◆第70回毎日王冠・G2(10月6日・芝1800メートル、東京競馬場、良)

 10頭によって争われ、戸崎圭太騎手が騎乗した3歳馬、ダノンキングリー(牡、美浦・萩原清厩舎、父ディープインパクト)が直線で外から鋭く伸びてG1馬5頭を含む古馬勢を撃破し、1番人気に応えた。

 同馬には天皇賞・秋(10月27日、東京)への優先出走権が与えられた。勝ち時計は1分44秒4。

 2着は2番人気のアエロリット(津村明秀騎手)が逃げ粘り、3着には3番人気のインディチャンプ(福永祐一騎手)が入った。

 岩田望騎手(ギベオン=7着)「流れていてペースが速かったけど、一生懸命走ってくれた。次はもっと良くなる」

 服部茂騎手(ハッピーグリン=8着)「このところ長い距離を使っていたので、戸惑ったのか、追い出してからの反応が鈍かった。状態は良かったけど…」

 幸騎手(ケイアイノーテック=9着)「積極的な競馬をしたけど、タメた方がいい感じ」

 柴田大騎手(マイネルファンロン=10着)「相手もコースも厳しかった。コーナー4つの2000メートルが競馬しやすい」