「セCSファーストS・第2戦、DeNA-阪神」(6日、横浜スタジアム)

 阪神が六回に同点に追いついた。

 この回からマウンドは前日にも2番手で登板したエースの今永。先頭の糸原がセカンドへの内野安打で出塁すると、梅野が送りバントをきっちり決めた。その後、暴投で糸原は三塁へ。2死から上本が鮮やかに三遊間を破る適時打を放った。

 上本は代打で出場した五回にも反撃の口火を切る中前打を放っており、同じく代打で安打を放った前日と合わせて、CS3打数3安打となった。

 だが、六回裏にガルシアがDeNA・神里に適時打を打たれ、再びリードを奪われた。

 阪神は前日、CS史上最大差となる6点のビハインドをひっくり返す大逆転劇。この日も3点リードされる展開だったが、五回に北條、福留の適時打で反撃を開始した。