◆2019 ノジマ クライマックスシリーズ・セ ファーストステージ第2戦 DeNA―阪神(6日・横浜)

 DeNAが初回にホセ・ロペス内野手(35)の2ランで2点を先制した。

 2死二塁で迎えた第1打席。1ボール2ストライクから阪神・青柳の内角へのツーシームを完璧に捉えると、打球は高い放物線を描いて左翼席上段に飛び込んだ。

 前日の大逆転負けで後がなくなったチームを勢いづける先制弾。打った瞬間に柵越えを確信し、珍しくベンチに向かって雄叫びをあげた4番打者は「手応えもすごくよかった。追い込まれていたが、うまくとらえることができた」と、気合の入った表情でコメントした。