10月6日の東京5R・2歳新馬(芝2000メートル=11頭立て)は、2番人気のネオユニヴァース産駒サクラトゥジュール(牡、美浦・堀宣行厩舎)が、ロードソリッドとの競り合いを3/4馬身しのいでデビュー勝ちした。勝ちタイムは2分5秒3。

 向こう正面ではスローペースから少し折り合いを欠く面を見せたが、終始外を回る形で直線へ。残り300メートルから2着馬とのたたき合いになったが、最後は相手をねじ伏せた。「しっかり集中していたし、最後もキュッとした脚を使った。初戦としては上手な競馬をしました」と石橋脩騎手はパートナーの走りをたたえていた。