京都11R京都大賞典G2・馬トク激走馬=ダンビュライト

 安田記念の勝ち馬インディチャンプ(毎日王冠に出走)との坂路の併せ馬では遅れたが、手応え良くなかなかの鋭さで伸びた。大阪杯(9着)以来、半年ぶりの実戦になるが上々の仕上がりぶりだ。

 2走前の京都記念(1着)で見せた、好位から早めの抜け出しがこの馬のスタイル。しぶとい脚が持ち味だけに距離は短くなるよりいいだろう。マリアライト、アロンダイトを出した大物感、成長力を備える母系。まだまだ伸びる器で真価発揮はこれから。手の合う松若が先行抜け出し策で一発をもくろむ。