6日の東京4R・2歳新馬(芝1400メートル=18頭立て)は、アドマイヤムーン産駒のバトルカグヤ(牝、栗東・本田優厩舎)がハナを奪い、そのまま逃げ切った。勝ち時計は1分24秒4。

 「ゲートも速かったし、ハナにいったら落ち着いてくれた」と津村明秀騎手。そのままリズムよく走らせ4角に先頭で突入。「リズムよく走らせて、最後もいい反応して最後まで止まらず頑張ってくれた」と評価した。