フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズNHK杯(11月22~24日、札幌)へ向けた会見、続けてGPシリーズ5戦へ向けた会見が6日、都内で行われ、日本選手が登壇した。

 五輪2連覇の羽生結弦(24)=ANA=は、カナダを練習拠点としているため、ビデオメッセージを寄せた。NHK杯へ向けて「NHK杯ではそのときの自分のベストの演技ができるよう1つ1つ積み重ねて、自分が思い描く演技になるように頑張りたいと思います」とコメント。会場の札幌市真駒内セキスイハイムアイスアリーナは、優勝した16年大会の開催地だけに「自分が優勝できた思い出の地でもあるので、その思い出をまた塗り替えて、上書きできるような大きな喜びにできるよう頑張ります。これからも応援よろしくお願いします」と呼びかけた。

 またGPシリーズへ向けた会見で流れたビデオでは「道のりを感じながら…」と大会へ向けた思いを記したフリップを持って登場。「完成形を目指すにあたって、1つ1つの道が大切だとすごく思っている」と語り「挫折があったりとか、本当に小さな石ころにつまずいて大きなケガをしてしまったりとか。それを1つ1つ感じながら、未来に向けて歩みを進めていきたいなって風に。先シーズン、先々シーズンと両方とも悔しさが残るものがあったので、今シーズンこそっていう気持ちはやっぱりあります」と話した。