◆明治安田生命J1リーグ第28節 鳥栖2―1F東京(5日・駅スタ)

 F東京が不運の逆転負けを喫した。1―1の後半50分、相手CKの流れからMF金井に頭で決められた。オフサイドと相手のハンドがあったように見え、F東京の選手は佐藤隆治主審に猛抗議。だが、判定は覆らず、今季初の逆転負け。長谷川健太監督(54)は「レフェリーが『見えなかった』の一言で片づけるのはあまりにもだと思う。それもサッカーと言われればしょうがないが」。試合後にはクラブ関係者が、マッチコミッショナーらと意見交換を行った。

 これで6日に試合のある2位・鹿島と、この日勝利した3位・横浜Mとの勝ち点差はわずか1。ラグビーW杯開催でホーム・味の素スタジアムが使えず、アウェー8連戦の5試合を終えて1勝2分け2敗。主将のMF東は「優勝するのはこれくらい厳しい」と話した。