首位のFC東京をホームに迎えての一戦は、0―1から終了間際に追いつき、アディショナルタイムに入ってからのゴールで突き放す劇的な幕切れ。J1通算100勝の節目を、鮮やかな逆転勝ちで飾った。

 後半開始早々、コーナーキックを直接決められて失点。だが、FW小野裕二は冷静だった。「リードされても慌てず、相手も引いてきてスペースが生まれてきたので、1点返すのは時間の問題だと思っていた」。

 再三の好機をものに出来ず、敗色が漂い始めた後半41分。待望の同点弾を左足のボレーシュートで決めたのはFW豊田陽平だった。「あんな高いボール、豊田さんじゃないと押し込めませんよ、と言ってもらい、めちゃめちゃ気分がいいが、そんなことはない。素人でも決められる場面」と舌も滑らかだった。