「サウジアラビアRC・G3」(5日、東京)

 単勝1・5倍の断トツ人気となったサリオスが、直線で楽々と抜け出して完勝。デビューから2連勝で重賞初制覇を飾った。勝ちタイムの1分32秒7は、一昨年の勝ち馬ダノンプレミアムを0秒3更新するレースレコードとなった。早くも来春のクラシック戦線へ、大物の誕生だ。

 序盤はアブソルティスモの逃げを好位3番手。ガッチリ手綱を抑えて直線へ。坂を上がってからゴーサインを出すとグイッとひと伸び。最後は外から伸びてきたクラヴァシュドールを余裕で抑えた。

 初コンビの石橋脩騎手は「強かったです。内枠だったので、あまり後ろからにならないように。2着の馬もかなりの脚を使っていると思うけど、それだけに力がありますね。もちろん、(クラシックを狙える)そういう馬です」と将来性に太鼓判を押した。

 2着に2番人気のクラヴァシュドール。3番人気のアブソルティスモが3着に逃げ粘った。