10月5日、ヤフオクドームで行われた福岡ソフトバンクと楽天の「パーソル CS パ」ファーストステージ初戦は5対3で楽天が勝利し、ファイナルステージへ王手をかけた。両軍合わせて6本のホームランが飛び出す空中戦となった。

 福岡ソフトバンクは千賀滉大投手、楽天は則本昂大投手の両エースの投げ合いで始まった試合は、初回から動きを見せる。1回表、楽天は3番・浅村栄斗選手のソロで先制に成功するが、直後の1回裏、福岡ソフトバンクは2番・今宮健太選手もソロを放ち、すぐさま同点に追い付く。

 福岡ソフトバンクは攻撃の手を緩めず、2回裏には6番・中村晃選手が死球で出塁すると、7番・内川聖一選手が振り抜いたライナー性の打球はレフトスタンドへ飛び込み、スコアを3対1とする。

 追う楽天は3回表、9番・オコエ瑠偉選手がソロを放つと、その後3つの四球などで1死満塁のチャンスを得る。しかし、後続が続かず。すると、5回表に3番・浅村選手が今日2本目となるソロを放ち、試合を振り出しに戻す。さらに、7回表には、レギュラーシーズン終盤に不調に苦しんだ茂木栄五郎選手が打球をテラス席に運び、楽天が勝ち越しに成功。

 リードを奪った楽天は、先発・則本投手が6回3失点で降板し、7回裏に登板した宋家豪投手は圧巻の投球で3者凡退に仕留める。8回裏は森原康平投手が無失点リレーをつなぐと、9回表に浅村選手のタイムリーで1点を追加。最終9回裏は守護神・松井裕樹投手が締めて試合終了。5対3で楽天が初戦を制した。

 勝利した楽天は先発・則本昂大投手が6回3失点9奪三振と先発の役割を十分に果たし、降板後に「序盤に失点してしまいましたが、そこから切り替えて3回以降粘ることができました。足立(祐一)さんがうまくリードしてくれたおかげです」と淡々と語った。打線では、4本のホームランが飛び出した。敗れた福岡ソフトバンクは、先発・千賀滉大投手が7回4失点、まさかの4被弾となった。打線もつながりを欠き、悔しい敗戦となった。 文・後藤万結子