日本サッカー協会相談役で、元キャプテンの川淵三郎氏(82)が5日、自身のツイッターを更新。J1湘南のチョウ貴裁監督(50)に、クラブスタッフ・選手へのパワハラ行為があったとしてけん責と公式戦5試合の出場資格停止処分を科された問題について言及した。

 川淵氏は「湘南チョウ監督のパワハラ問題がどう収拾されるのか心配だった。村井チェアマンが譴責処分を科した後で発言されていたように現場指導者の萎縮が懸念されるからだ」とJリーグの裁定に注目していたことを記し、「十分時間をかけて数多くの関係者から聴取した綿密な調査の結果、5試合出場停止と譴責処分という結論になって正直ホッとした。チョウ監督頑張れ!」とエールを送った。

 チョウ監督は5試合の資格停止処分は既に消化済みで、6日の川崎戦(BMWス)から指揮を執ることが可能になっている。