「セCSファーストS・第1戦、DeNA-阪神」(5日、横浜スタジアム)

 阪神が四回、梅野隆太郎捕手の犠飛で1点を返した。

 3点を追うこの回、先頭の大山が左中間を破る二塁打で出塁。続く糸原は、右飛で1死三塁と好機を拡大した。梅野は石田が投じた1ストライクからの2球目、143キロ直球に反応。逆方向へはじき返した打球は、右翼後方へ。三走・大山がソトの捕球を確認するとタッチアップ。1点を返上するホームへと生還した。