10月5日の京都9R、りんどう賞(牝馬限定、2歳1勝クラス、芝1400メートル、9頭立て)はロードカナロア産駒のヤマカツマーメイド(栗東・池添兼雄厩舎)がゴール前で抜け出し、2連勝でオープン入りを決めた。単勝1番人気だったシャドウブロッサム(栗東・藤岡健一厩舎、父ディープインパクト)は首差の2着だった。勝ち時計は1分21秒4。

 道中は好位で折り合っての追走。直線に入っても追い出しを我慢して、脚をためていたが、ラスト1ハロンで前が開くと一気に加速。最後は逃げ粘るシャドウをかわし、外から詰め寄るリネンファッションの猛追も封じ込んだ。

 騎乗した池添謙一騎手は「余裕を持って追走できましたし、2番手の後ろで上手に走ってくれました。早めに抜け出すとソラを使う面があるので、ちょうどいい形になりましたね。着差はわずかですが、内容は強かったと思います」と評価した。

 同馬は重賞5勝を挙げたヤマカツエース(父キングカメハメハ)の半妹。兄も管理していた池添兼雄調教師は「うまくさばいてくれました。今後は状態を見ながら考えます」と笑顔を浮かべていた。