◆フィギュアスケート ジャパン・オープン ◆5日(さいたまスーパーアリーナ)

 フリーのみで行われ、女子は今季シニアデビューしたアレクサンドラ・トルソワ(ロシア)が、ルッツを含む3種類4本の4回転ジャンプを着氷させ、160・53点をマークした。

 冒頭に4回転サルコー、続いて4回転ルッツ、4回転―3回転の連続トウループ、後半にも4回転トウループを全て着氷させた。演技を見ていたネーサン・チェン(米国)ら男子選手たちも立ち上がって拍手を送るなど、衝撃を与えた。トルソワは9月のネペラメモリアルのフリーで世界最高の163・78点をマークしている。

 大会は日本、北米、欧州の代表男女2人ずつの合計で争われる。