フィギュアスケートの2010年バンクーバー五輪男子代表の織田信成氏(32)が関大アイススケート部の監督を辞任した件に関して関大は4日、大学の公式サイトで文書を発表した。

 芝井敬司学長の名前で「織田信成さんの心情を十分に斟酌(しんしゃく)できず、事態を適切に収拾できなかったことを深く反省しています。今後とも、誠意をもって対話を続けたいと思います」とコメント。織田氏はリンク内で嫌がらせやモラル・ハラスメントを受け、体調を崩したためと主張している。