プロフィギュアスケーター織田信成氏(32)が関大アイススケート部監督退任の理由について、リンク内でモラハラ行為などがあったと主張している問題で、関大は4日、公式サイトに「事態を適切に収拾できなかったことを深く反省している。今後も誠意をもって対話を続けたい」などと記した芝井敬司学長のコメントを掲載した。

 織田氏は5日のジャパン・オープン、アイスショー「カーニバル・オン・アイス」の出演が決まっており、4日は前日練習が行われた。報道陣の前に姿を見せることはなかったが、関係者によるとゲストスケーター用の時間で練習したという。