Jリーグは4日、J1湘南のチョウ貴裁監督(50)にクラブスタッフ・選手へのパワハラ行為があったとして、けん責と公式戦5試合の出場資格停止処分を科した。監督責任のあったクラブにはけん責と制裁金200万円の処分を下した。また、湘南は同日夕に平塚市内で会見し、チョウ監督も出席。一連の問題が表面化してから初めて公の場に姿を見せて、あらためて謝罪した。

 Jリーグからの制裁を受けて行われた湘南の会見中、チョウ貴裁監督はうつむいている時間が長かった。

 真壁会長によると、自ら出席して謝罪する意志を示したという指揮官。外部調査によるパワハラの事実認定に「Jリーグおよび、ベルマーレに関わる関係者の方々、苦しい思いをした全選手、スタッフの皆様、将来のプロを目指す子供たち、その他、大勢の方々に自分の至らなさでこういう問題を起こしてしまい、誠に申し訳ございませんでした」と語り、深々と頭を下げた。

 資格停止処分は既に消化済みで、ルール上は6日のJ1川崎戦から指揮を執ることが可能だが、真壁会長は「チョウ監督のサッカーは、彼自体のパワーがなければ生まれてこない」と否定的。ただ、同戦は高橋コーチが継続して指揮を執るのかについては「ここでのコメントは避けたい」と明言を避けた。会長、社長を含めたクラブ内の処分については、クラブの役員だけでなく、株主やスポンサーなどの意見を聞きながら慎重に決めていくという。