どっちも頑張れ――。ラグビー・ワールドカップ(W杯)で、8強入りをめざして快進撃を続ける日本は5日、サモアと対戦する。サモアの選手が事前キャンプを張ったいわき市では、両方のチームに熱い声援が送られている。5日にはパブリック・ビューイング(PV)もあり、さらに盛り上がりそうだ。

 「身長は2メートルくらい。手は大きくて分厚く、とにかくがたいが良かった」。9月に市内で開かれたサモアの歓迎行事で選手と記念写真に納まった湯本高校の片岡菜月さん(2年)は、選手らの体格の良さや笑顔が印象に残っている。

 8月に市の派遣事業で、同じ書道部の宮本明日菜さん(2年)や合唱部の遠藤夢空さん(1年)、市川渚さん(同)とサモアを訪問。ホテル前のグラウンドでボールを追いかける男女を見かけるなど、ラグビー文化を垣間見たという。