フィギュアスケートのジャパン・オープンは5日、さいたまスーパーアリーナで行われる。4日は会場で出場選手の公式練習が行われ、宮原知子(21)=関大=はフリー「シンドラーのリスト」を黒い衣装で優雅に舞った。曲かけ練習後は3回転ルッツを入念にチェックし「調子はすごくいい感じで来ている」と話した。

 カナダのトロントを拠点に指導するリー・バーケル氏にも師事するようになり、意識改革が進んだ。「ただひたすらやるという自分の練習と違う環境で、色々なことを学んだ。考えを変えるきっかけになった」という。

 練習の虫として知られる宮原はこれまで、練習でも試合前でも、不安を消すために氷上で跳び続けた。「いいものを何本って決めて、決めたらスパッとやめると教えられた。たくさんやっても悪いイメージで終わったらだめだと。心に染みるくらいわかった」。以前より質にこだわるようになった練習内容について語り「去年と違って前向きに臨めている」と笑顔を見せた。

 大会はフリーのみで、日本、北米、欧州の代表男女2人ずつの合計で争われる。記録はISU(国際スケート連盟)非公認。