「明治安田生命J1、G大阪5-0札幌」(4日、パナソニックスタジアム吹田)

 J1G大阪の元日本代表MF遠藤保仁(39)の“楢崎超え”が来季以降に持ち越しとなった。

 遠藤は現在、歴代2位のJ1通算625試合出場を記録しており、元日本代表GK楢崎正剛氏が持つ歴代最多のJ1通算631試合出場の更新まで7試合に迫っていた。

 札幌戦では後半38分に3人目の交代選手としてFW渡辺千真(33)が入ったことで遠藤の出場はなくなった。J1は残り6試合で、遠藤が全試合に出場しても楢崎に並ぶ同631試合となり、偉大な記録更新は来季以降に持ち越されることになった。