「フィギュアスケート・ジャパンオープン」(5日開幕、さいたまスーパーアリーナ)

 前日練習が4日、本番会場で行われた。今季シニアデビューの15歳アレクサンドラ・トルソワ(ロシア)はルッツ、サルコー、トーループと3種類の4回転ジャンプを何度も着氷した。

 圧巻だった。曲かけでは冒頭の4回転サルコーで転倒したが、続く4回転ルッツ、4回転トーループ-3回転トーループの連続ジャンプを着氷。関係者や報道陣が集まる会場をどよめかせた。

 昨季世界ジュニア女王のトルソワは、今季初戦のネペラ杯で合計238・69点、フリー163・78点の世界最高得点をマークしている。