広島の佐々岡真司投手コーチ(52)が4日、マツダスタジアムを訪れ、監督要請を受けたことが分かった。

 佐々岡コーチは報道陣に対し「要請がありました。前向きに考えさせてもらいます」と発言。返答期限についても「時間かからないと思う。家族と話して」と語った。

 佐々岡コーチは89年にドラフト1位で広島に入団。翌年には初登板初先発で初勝利を飾る。07年に現役引退。通算138勝。14年に広島2軍投手コーチに就任、19年から1軍投手コーチを務めた。

 広島は緒方孝市監督が1日に辞任を表明。それを受け球団では、秋季練習が始まる9日までには新監督を決める方針であるとしていた。