J1清水エスパルスが来季の新戦力として千葉・市船橋高のU―18日本代表MF鈴木唯人(3年)を獲得することが3日、分かった。複数のJリーグ関係者が明らかにした。近日中に正式発表される見込みだ。

 鈴木は175センチ、65キロのテクニシャン。主にトップ下を担い、同校での背番号は10。清水には7月に練習参加しており、「テクニックがある。キッカーとしても質が高いボールを蹴る」と高評価されていた。複数のJクラブが獲得オファーをかけたが、清水が争奪戦を制した。

 18年の高校総体では優秀選手賞を受賞。19年3月には、すでに来季のトップ昇格が発表されているユースのFW川本梨誉(18)らと共にU―18日本代表のUAE遠征に参加した。U―18ロシア代表戦で得点するなど国際経験も積んだ。

 来季入団内定は川本に続き2人目。千葉の名門で腕を磨いてきた逸材がオレンジ軍団に新風を吹かせる。