体調不良で休養していたフィギュアスケートの17年四大陸選手権覇者、三原舞依(20)=シスメックス=が近畿選手権(滋賀県アイスアリーナ)を欠場することが3日、明らかになった。この日は同大会の開会式などが行われた。棄権理由について大会関係者は「後で診断書が出されることになっている」と説明した。

 三原は体調不良を理由に今夏から静養しており、出場予定だった9月のロンバルディア杯(イタリア)も欠場した。近畿大会は全日本選手権(12月、東京)の予選を兼ねており、三原の全日本出場は事実上なくなった。