今年のフローラSを制し、続くオークスでも4着に好走したウィクトーリア(牝3歳、美浦・小島)が3日、引退することになった。ローズS3着後に左前脚の繋靭帯に損傷があることが判明。関係者による協議の末、繁殖入りすることが決まった。

 管理する小島師は「本当に頑張ってくれました。お母さんとしての活躍に期待したいです」と語った。