日本サッカー協会は3日、W杯カタール大会アジア2次予選のモンゴル戦(10日・埼玉)、同タジキスタン戦(15日・ドゥシャンベ)に臨む代表メンバー23人を発表した。

 日本代表はタジキスタンまでの移動に一部区間でチャーター便を使う。同戦が行われるドゥシャンベまでは日本から直行便がなく、2日がかりの移動を強いられる可能性もあり、経由地でのミニ合宿も検討をしていた。経由地からチャーター便を利用し、移動の負担を軽減しながらタジキスタン戦に臨む。