「レディスプレリュード・Jpn2」(3日、大井)

 開催4日目の11Rで行われ、3番人気のアンデスクイーンが、直線外から先行勢をまとめて交わして重賞連勝。先に抜け出した1番人気のファッショニスタが頭差の2着に粘り、5番人気のラビットランが追い込んで3着を確保した。なお、優勝馬は「第9回JBCレディスクラシック・Jpn1」(11月4日・浦和)への優先出走権を獲得した。

 勢いは止まらなかった。アンデスクイーンが、前走のブリーダーズゴールドカップに続いて重賞制覇。強烈な末脚でゴール前の叩き合いを制した。

 道中は馬群の後方。意外な位置取りだった。「内枠2番だったので、いいところに付けたいと思っていたが、出脚が付かず後方になった。不安だった」と戸崎圭は明かす。クレイジーアクセルがハナを切ってペースを握り、ファッショニスタが好位で競馬を進める展開となった。

 しかし、心配は無用だった。「馬は堂々としていたし、手応えも良かった。レースは落ち着いていたが、自分からハミを取ってくれた」とアンデスは闘志満々。最終4角で外へ持ち出すと豪快な末脚を披露。残り200メートルでファッショニスタが先頭に躍り出たが、外から伸びて交わすと、そのまま押し切った。

 頭差以上に余力のある勝利だった。「先頭に立ってから少し遊ぶところをみせた」と鞍上は笑った。重賞を連勝して、次のターゲットはJBC。西園師は「レディスクラシックは千四で少し短い。クラシックへ向かうことも考えたい」と牡馬相手への挑戦を選択肢として挙げた。