10月に行われるサッカーW杯アジア2次予選2試合に出場する日本代表メンバーが3日、発表された。23人中、海外組が20人、国内組が3人という構成になったが、記者会見では、日程面やコンディション面が厳しい欧州組の招集はリスクがあるのではないか、負担が軽い国内組の選手をもっと呼ぶことは考えなかったか、との質問が出た。

 森保一監督は、欧州でプレーする選手が長距離移動、時差や気候の違いを乗り越えて代表に合流することを「その時のベストの状態をしっかりとつくって戦ってきてくれていることは、今回のW杯2次予選に限ったことではなくて」と表現した。欧州のクラブでは「体調を崩して帰ってくる、ぐらいのことを考えられている」とし、「自分のポジションを失うかもしれないというところも考えてでも、日本のために戦うということで、日本代表として覚悟を持って戦ってくれています」と選手に感謝した。

 当然、日本代表戦でコンディションを崩せば所属クラブで定位置を失うケースも起こり得る。森保監督は、そうした実情があることを認めた上で、実績のある代表選手たちは「ポジションを奪い返すということをしてくれている」と評し、「このタフな環境でやることは当たり前だと、日本代表で戦うには当たり前だという覚悟を持ってやってくれているので心配していません」と信頼を寄せた。

 こうした経験の浅い選手に向けては、「日本代表で長くキャリアをつんでいる海外組の選手たちが、どれほど難しい、厳しい環境の中、戦ってきたのかということを身をもって経験してもらって、また成長につなげていってもらえればなと思います」と呼びかけた。

 国内組についても、国内組だから選ばなかった、というわけではなく、十分な視察をした上で「今回はこの招集には至らなかった」と説明。「国内外問わずに日本代表で活躍できるであろうという選手は常にリサーチしていますし、今回の招集はなくても、また今後の11月以降の代表活動にも招集の対象として情報収集、リサーチをしていきたい」とした。

 日本代表は10月10日にモンゴル戦(埼玉スタジアム)、同月15日にタジキスタン戦(ドゥシャンベ)に臨む。