「サウジアラビアRC・G3」(5日、東京)

 サリオスは2日、美浦トレセンが濃いモヤに包まれた午前6時過ぎ、石橋脩を背に馬場入り。Wでバリングラ(5歳2勝クラス)と併せられタイムは計時不能だったが、わずかに確認できた直線はキビキビとしたフットワークで駆け抜けた。

 森助手によると4Fから2頭で並んでスタートし、ラストをシャープにという内容。「体つきに大きな変化はありませんが、気性面で落ち着きが出てきました」と話した。

 6月のデビュー戦を快勝後は放牧へ。その放牧先からトレセンに戻る際に熱発するアクシデントがあったが、先月26日の1週前追い切りでは迫力満点の動きで古馬を圧倒。不安材料は皆無と言っていい。「新馬戦と同じ舞台。期待しています」と同助手も、初タイトル奪取を確信していた。