付け人に対する2度の暴行で日本相撲協会から自主引退を促されている十両貴ノ富士(22)=千賀ノ浦=が都内の所属部屋で謹慎していないことが2日、分かった。師匠の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)が朝稽古後、「(部屋に)いないです」と明かした。問題発覚後、協会から部屋での謹慎が科されている。

 貴ノ富士は9月27日に弁護士を伴い、自主引退を拒否する会見。それ以降、師弟は連絡が取れていない。協会は貴ノ富士の返答を受け、今後の対応をする方針だ。