地元大阪で2度目の防衛に成功したWBA世界ライトフライ級スーパー王者の京口紘人(25)=ワタナベ=が2日、大阪市内で一夜明け会見を行った。

 ベテラン久田哲也(34)=ハラダ=との12回の激闘を物語るように、左目の周りを青黒く腫らせた京口。「勝ててホッとしています」と振り返り、「それでも勝ち切れたことは自信を持てる。まだまだ強くなれるのを感じた」と収穫を語った。

 今後については「みなさんが期待するのは統一戦。実現したときに盛り上がるように頑張るだけ」と、改めてWBC同級王者の拳四朗(BMB)との統一戦に意欲。所属ジムの渡辺均会長も「来年の後半にぜひ」と前向きな姿勢を示した。

 会見が終わると、月に2回は食べるという「天下一品」のこってりラーメンに舌鼓。さらに、天下一品から初公開された“金のどんぶり”の第1号が贈呈され、「これはヤバいでしょ」と感激していた。