「毎日王冠・G2」(6日、東京)

 先週のスプリンターズSでタワーオブロンドンがG1初制覇。幸先のいいスタートを切った藤沢和厩舎にとって、今週からはドル箱と言える秋の東京開催が始まる。秋盾前哨戦に送り出すのは、未完の大器ランフォザローゼスだ。

 昨年10月に新馬戦を快勝してからは未勝利続きだが、京成杯、青葉賞で2着。さらにダービーでも0秒6差の7着と接戦を演じてきた。休養を挟んで挑んだ札幌記念は14着、セントライト記念は15着と大敗したものの、津曲助手は「札幌記念は仕上がりがもう少し。前走はずっとハミをかんでいる感じで力んでいるようでしたから」と敗因を分析。「その点を踏まえて距離を短くしてみたいということで、ここへの挑戦が決まりました」と経緯を説明する。

 これまで幾度となく常識を打ち破ってきた指揮官。タワーオブロンドンを、サマースプリント王者から史上初のスプリンターズS制覇へ導いたのもその一例だ。「開幕週の軽い馬場は向きそうだし、東京コースでは実績もあるから。古馬相手の一戦で辛いだろうけど、変わり身を見せてほしい」と同助手。父キングカメハメハ、祖母エアグルーヴという日本を代表する良血が、府中の舞台で大変身を遂げるか。